2012年02月16日

美白になれる食べ物

美白に神経を注ぎ、お金と時間を掛けている女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)はたくさんいますよね。しかし、案外おざなりにされているのが食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)です。勿論、美容(お金と時間がかかってしまいますが、かけただけの成果は出ることが多いものです)の面からも、健康の面からも、規則正しい生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)と栄養バランスのとれた食事がよいことはどういった方でも理解していらっしゃるかもしれませんね。ですが、現代社会での生活では、なかなか実現が困難なのも事実です。それでも、美白や美肌(基本は何よりも洗顔でしょう)の為には、身体の中から磨くのが一番効果的だと思います。せめて、可能な限り美白効果のある栄養素(不足しがちな時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です)を多くとりいれたいものですね。では、美白の為に良い栄養や食事ってどのような物なのでしょうか。一番有名なのは、ビタミンCのですよ。果物にたくさん含まれていて、熱に弱く調理するとほとんど流れ出てしまう栄養素ですので、出来るだけ果物から直接取るのが理想だです。朝ごはんを果物にすれねか、間食(一回あたりの摂取カロリーを減らして、食事をする回?を増やす方が痩せやすいといわれています)を果物にするなどと言った習慣を心掛けるといいかもしれません。胡麻やオリーブオイル、南瓜等にたくさん含まれるビタミンE、豚肉やヨーグルト(腸内環境を整えたり、骨を強くするなどの効果が期待できると考えられています)に多く含まれるビタミンB、人参なんかの緑黄色野菜(厚生労働省の定義によると、可食部100グラム当たりにカロチンを600マイクログラム以上含んでいる野菜をいうそうです)に多く含まれるビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)Aは、代謝を活性化させます。特に、ビタミンBとEを同時に取ると、美白効果がさらに高まるになると思います。スープにしてしまえば、熱で流れでてしまったビタミンCも効果的に摂取する事ができますから、ゆで野菜のスープは大変美白効果の高いメニューのひとつと言えますね。スープの具材としては、人参・ブロッコリー・ほうれん草・キャベツ・ジャガイモ・薩摩芋・カボチャ・海藻類・豚肉などをオススメします。
タグ:美白 食べ物
posted by あおいooah at 21:00| 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

美白になれるサプリ?

美白の為には食事改善が重要だと言う事は分かっていても、なかなか実行することは難しいんですね。必要な栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)を手軽に摂取する方法と言えば、やはりサプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)になるものです。インターネット(たいへん便利ですが、その反面、ウイルスや詐欺などの危険もあります)を利用すれば、「美白 サプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)」と検索するだけで、さまざまなサプリを見つける事が可能です。美白のためのサプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)のほとんどは、美白効果の高いビタミンCを始めとした各種ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)や、コラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)などと言った美肌(美しい肌は女性の憧れですよね。すっぴんがキレイであれね、自信にも繋がります)効果のある成分が含まれているものだといえます。価格がピンからキリなのと同様に、その品質などにも差がありますので、選ぶ場合には慎重に選びたいと言われているのです。中には、効果がない程たびにしか成分が含まれていないようなものも販売されているので要注意でしょう。成分表示は必ずチェックして選びたいとは言っても、それらの成分である効果も知っておかなければなりません。大半の場合、美白効果の高いビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)Cは必ずふくまれていると思います。その他にも、新陳代謝(体の部位によって入れ替わる速度が違いますが、三ヵ月程度で全ての細胞が新しくなります)を高めるビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)A・B・Eなんかの各種ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)類、肌を作る成分であるタンパク質(どんな食材から摂るかも大切です。一緒に脂肪も摂ってしまっては、肥満にもつながりかねません)(アミノ酸(タンパク質を構成している最小の大きさの成分になります))やミネラル(人間にとって必要不可欠なのは十六種類です)を含むになりますね。注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)しなければならないことは、それらの成分が本当にちゃんと含まれているかという事と、用量を守らなければならないという事です。例えば、水溶性のビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)は過剰摂取しても流れ出てしまいますから、常に摂取し続けなければならないでしょう。それに、脂溶性ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)のA・Eなどは体の中に溜まってしまい、溜まり過ぎると様々な病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)を発症の原因にもなってしまいますから、必ず用法・用量を守って下さい。
タグ:美白 サプリ
posted by あおいooah at 16:00| 化粧品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

美白になるには手作りの化粧水?

近年では、手作り化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)を利用されている方が多いのってご存知でしょうか?手作り化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)は、案外手軽に作れる上に、自分でその成分を調整可能です。しかも、一般に売られている化粧品(試供品などを使ってみて、肌に合うかを確認することが大切でしょう)よりずっと安く、安全なものが作れると言うことで人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)が高まっています。それに、近年では、手作り化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)用にさまざまな材料も多く売られるようになってきましたね。美白を求める方が手作り化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)を作るのに人気の高いのが、ビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)C誘導体パウダーです。今までは、手作り化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)の材料は限られていたのですが、最近では、このようにニーズに合わせて原料が売られるようになっています。手作り化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)の良いところは、防腐剤や香料などといった合成成分を一切使わないで作ることのできるので、肌にやさしく、安心・安全だと言う事ですね。また、材料は割と手軽に薬局で購入でき、しかも、案外価格が安いから、市販化粧品よりずっと安上がりです。さらに、量も自分で加減して作る事ができるのですから、常に新鮮なものを使うという事が出来るはずです。それとは逆に、大量に作るのには向かないと言ったデ利点もあります。防腐剤などを入れありませんから、腐りやすいということになるでしょう。ですので、面倒くさがりな方にはちょっと向かないと思います。とはいっても、むしろ「常にできたばかりの新しい安全な化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も畭なります)を使用出来る」とかんがえて、少しずつこまめに作るようにしてみてはどんなものなのでしょうか?作り方も簡単で、書籍やHPでもレシピ(料理の作り方の他に、処方箋という意味もあります)がたくさん掲載されているのですから、挑戦してみるのもいいかもしれませんよ。
posted by あおいooah at 19:00| 化粧品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。