2012年02月02日

ロエベ

スペイン王室御用達のブランドであるロエベ。そもそも、ロエベの始まりは革製品工房なので、革へのこだわりは他のブランド(人に自慢したい、見せびらかしたいという気持ちが少なからずあるような気がします)とは比べ物にならないことでしょう。ロエベはデザイン・品質も良く、丈夫で長持ちすると、ヨーロッパで人気(どうして人々の支持を集めているのかはっきりとはわからないこともあるものです)を集めました。

そんなロエベですが、実はあの広く知られているルイ・ヴィトンと提携しているって御存知でしょうか?ルイ・ヴィトンの傘(コンビニなどで買えるビニールのものから、何万円もするものまでピンキリです)下に入ってからは日本でも人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)を集め、注目されるブランドの一つになったのです。ロエベは女性に限ったことではなく、男性にも人気の高いブランド(それを持っているだけで自分に価値があるように思ってしまう人も少なくないでしょう)です。例えば、男性に人気がある商品であれね、定番である財布や名刺入れのみならず、小銭入れやキーケースなども人気です。ビジネスシーンでも十分に活用出来るということで、スペイン語で会社と言った意味を持っている「EMPRESA」ラインが人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)となるはずです。

女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)には、やはりバッグ(新作が出たらとりあえずチェックするという方も多いのでは)を中心に人気を集めているのです。最高級クラスのブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)であるロエベだからと言って、幅広い層の年代から多?ある支持を得ており、年配ミセスから20代の若い女性までと、たくさんの女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)に愛されているのが特徴となっているんです。

デザインはシックなになりますよねが、オシャレなデザインも組み込まれていますから、ママ(英語ではマミーやマムなどと呼ぶことが多いかもしれません)が若い頃につかっていた物を貴方の娘さんへと受け継がれる方も多いようです。バッグ(季節やTPOに合わせて変えるという人も多いですね)については絶大な人気を誇るロエベは、ロエベを買いたくて海外まで買いに行ってしまう人がいる程度です。バッグ(女性にとってはいくつあってもほしくなるもののようです)なんかの革製品の他にも、香水やコスメなんかもロエベの注目アイテム(商品ラインナップみたいな意味で使われることも多いかもしれません)です。
ラベル:ロエベ
posted by あおいooah at 22:00| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

フルラ

バッグ(季節やTPOに合わせて変えるという人も多いですね)や財布(古いものをずっと使っているのは金運的にはよくないそうですよ)に限った事ではなく、時計(最近では、コピー商品に悩まされているんだとか)も中心に展開しているブランド(最近では、アウトレットでオトクに買うのも流行っていますね)であるフルラ。フルラは1970年初めにコレクションを発表したので、ブランドとしてはまだあまり歴史が長くません。

当初はイタリア(陽気な男性が多いイメージがありますね。日本では、ジローラモさんがあまりにも有名でしょうか)国内だけでうっていて、イタリア(トマトとオリーブオイルをふんだんに使ったスローフードは、健康にもよいといわれていますね)では伝統的な技と最高い品質の素材を駆使している皮革製品だと人気(アイドルグループなどは、ファンではない人からみると、どこがいいのかと首をかしげたくなることもあったりしますね)を集めていました。

シンプルでエレガントな中にも、程よくカジュアル感を折り込み、その上に、上品でフェミニンな雰囲気をかもし出していることがフルラの特徴になります。デザインは全く違いますが、よくアメリカブランド(デザインが好き、コンセプトが好きなど、人それぞれ好きな理由がありますよね)であるコーチににているとも言われていますね。そんなフルラは徐々に人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)を集め、1980年代にはイタリア国外にもブランド(デザインが好き、コンセプトが好きなど、人それぞれ好きな理由がありますよね)を進出させました。

値段が平均して4〜7万円と、ブランド(それを持っているだけで自分に価値があるように思ってしまう人も少なくないでしょう)してはお手ごろな価格もフルラの特徴でしょう。フルラの人気(どうして人々の支持を集めているのかはっきりとはわからないこともあるものです)商品と言えば、トートバックになるでしょう。シンプルなデザインなのですが、マチが広く、ビジネスシーンでもカジュアルな感じでも、幅広く使う事ができるということで人気です。

あとはやはり、財布(古いものをずっと使っているのは金運的にはよくないそうですよ)です。こちらもシンプルなデザインそうはいっても、このシンプルさが人気の秘訣になるはずです。フルラの財布(お札を折らないでいれられる長いものが金運アップに繋がるんだとか)は、使ったときの感じ良いと評判なのですね。以前には、ヴィンテージ加工をした財布なんかも発売されて事もあるでしょうが、やっぱり人気のあるデザインはシンプルな物と呼ねれています。

実際に、フルラの財布(プレゼントの定番でもありますね。ただ、意外と好みがうるさいアイテムでもありますから注意が必要でしょう)を使っている方の話を聞いてみました。使っている人はみんな、一様に、「フルラの財布はシンプルで使い勝手がいい上に、ファスナートップなどにさり気無くブランド(入手困難な商品ほど人気が出るなんてこともよくあるもの)ロゴが入っているところがいい。」と言ってもいました。毎日使ってみる物ですので、使い勝手重視の人には、フルラはオススメでしょう。
ラベル:フルラ
posted by あおいooah at 18:00| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

バリー

ヨーロッパやアメリカが発祥の有名ブランド(入手困難な商品ほど人気が出るなんてこともよくあるもの)が多い中、スイス発祥と少し珍しいブランド(デザインが好き、コンセプトが好きなど、人それぞれ好きな理由がありますよね)であるバリー。創業当初は、リボンやシューズを取り扱っていましたが、今では、世界一の一流ブランドともいわれているのです。バリーときくと、あの赤と白のラインを思い浮かべる方がとてもたくさんいるでしょう。

「いつの時代(歴史が苦手だという人もいますが、全体的な流れとそれぞれの特徴を押さえると比較的理解しやすいかもしれません)にも愛(反対語は「無関心」だそうです。憎しみもまた愛の一つだという説もあります)され続ける永遠なもの」をモットーにかかげているバリーは、洗練された落ち着いたデザインとカラーを守り継続することでいますよね。世界中の人々から150年以上も愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)され続けているバリーの人気の高い理由は、熟練の職人さんが作る完成度の高い製品と上質な素材のですよ。バリーは紳士的なイメージが強くあるものですが、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)でも長くつかっていける商品となるのです。

「高級感溢れるバリーには、ちょっと手が届かないかな?」と思ってしまうような方にも、デイリーユースして貰えるようにという事で発表されたのが、「BUSY−B」シリーズです。使い勝手がとても良い事から、現在ではOL(オフィスレディの略ですが、それでは男性はなんていうのでしょうね)さんの定番ともなり、世界中の人々から愛され続け、注目されているシリーズです。当然、OL(お茶くみとコピー取りしかさせてもらえない、なんてグチをよくきいたりしますね)さんに限らず、幅広い層からも絶大な支持を受けているかもしれません。

今までのシンプルなカラーを中心としてきた物とは違い、ビビッドカラーやイエローなどを使ったことが、人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)に火をつけた要因ともなっただと思います。バリーはバッグ(コレクションのように集めている女性もたまにいるようです)に関してのラインの豊富さは、有名ブランド(入手困難な商品ほど人気が出るなんてこともよくあるもの)の中にも3本の指(ボキボキと鳴らしていると太くなるといわれますね)に入る程度でしょう。

バッグ(季節やTPOに合わせて変えるという人も多いですね)の種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)もキャリーバッグ(女性にとってはいくつあってもほしくなるもののようです)やビジネスバッグ、デイリーユースできるようなショルダーバッグなどがあるでしょう。
ラベル:バリー
posted by あおいooah at 21:00| ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。